ブログ

トップページ > 2022 > 1月

診療時間

 
9:30-13:30
14:30-18:30

休診日:水・日・祝祭日

※お待たせすることをできるだけ少なくするために予約制とさせて頂いております。

診療科目

きむら歯科診療室ブログ
採用情報

♡(ハート)にダンク

2022年01月17日 9:18 AM

♡にダンクYouTubeへ新曲を投稿しました。

大学のバスケットボール部のテーマソングとして作ったものです。

よろしければご視聴ください(院長)。

URL

https://youtu.be/hK2kdfLugJw

 

 

ダンク QR

 

 

カテゴリー: きむら歯科診療室 スタッフブログ

歯みがきサンバ

2022年01月12日 1:23 PM

image02005年に小学生向け歯科教材の一環として作った曲です。

今回は、動画も作成しました。

よろしければご視聴ください。

URL

https://youtu.be/Avp2KrE7yew

 

時間は3分30秒。

歯みがき時間として最適です。

さあ、みんなも、歯みがきサンバに合わせて歯を磨こう!

カテゴリー: きむら歯科診療室 スタッフブログ

読書 423 三千円の使い方 著者 原田 ひ香

2022年01月11日 12:15 PM

image0「就職して理想の一人暮らしをはじめた美帆(貯金三十万)。結婚前は証券会社勤務だった姉・真帆(貯金六百万)。習い事に熱心で向上心の高い母・智子(貯金百万弱)。そして一千万円を貯めた祖母・琴子。御厨家の女性たちは人生の節目とピンチを乗り越えるため、お金をどう貯めて、どう使うのか?知識が深まり絶対「元」もとれちゃう「節約」家族小説!」

 

第一話 三千円の使い方

第二話 七十三歳のハローワーク

第三話 目指せ!貯金一千万!

第四話 費用対効果

第五話 熟年離婚の経済学

第六話 節約家の人々

とお金にまつわる話を家族間の想いと愛情を交えて語られています。

大なり小なり、どの家庭でも抱えているような悩みですが、時には重く、時にはさらりと表現する。

ごく日常のありふれた話で、小説にはなりにくいところですが、そこを、ツボをとらえてとってもいい感じで教えてくれます。

”身の丈”という言葉を思い出しました。

普段、自己完結で考えないといけないところを、客観的に捉えることが出来る、なかなか秀逸の小説でした(院長)。

カテゴリー: きむら歯科診療室 スタッフブログ

読書 422 大怪獣のあとしまつ 著者 橘 もも

2022年01月08日 11:18 AM

怪獣のあとしまつ「人類を空前絶後の恐怖に陥れた巨大怪獣が突然、死んだ。国民が安心したのもつかのま、死体の「あとしまつ」という問題が残された。腐敗・膨張が進み、爆発の危険が迫るなか、数々の作戦が決行されるが・・・・。未曾有の危機を打開すべく、ひとりの男に使命が託される。空想特撮エンターテインメントを完全小説化!」

 

死体が腐敗し体温上昇!?→悪臭が発生しガス爆発の危険が迫る!→死体を冷却するも膨張が止まらず・・・→ダムを破壊した水流で、死体を海に流そうとするが・・・はたして・・・。

 

帯タイトルに書いてありました。

スタッフのお子さんが、ウルトラセブンにはまっているということを聞いた後に見つけ、読んでみました。

東日本大震災を思い出すストーリー。

結末は、読んでいる途中で分かりましたが、最後まで面白く読めました。

映画は2022年2月4日に公開されます。

出演は、山田涼介、土屋太鳳ということですので、興味のある方はどうぞ(院長)。

カテゴリー: きむら歯科診療室 スタッフブログ

読書 421 みかんとひよどり 著者 近藤 史恵

2022年01月07日 8:02 AM

みかんとひよどり「雇われシェフの亮二は、行き詰っていた。腕には自信があったのに客がこず、このままでは料理への情熱も失いそうだ。そんなある日、猟に入った山で不愛想な猟師・大高に出会う。以前からジビエ料理を出したいと願っていた亮二は、人を避け自然の中に生きる大高のもとに通いはじめる。だが、なぜか大高の周りで不可解な事件が起きはじめ・・・。「ビストロ・パ・マル」シリーズの著者が贈る、美味しい料理満載の、大人の成長物語。」

 

以前、サクリファイスシリーズでプロの自転車ロードレースの世界を知り、入り込んだ時期がありました。

今回は、ジビエ料理に取り組むフランス料理のシェフを主人公にした物語。

相変わらず、ぐいぐい引っ張ってくれます。

おいしそうな料理が次々と登場し、久々にフランス料理を食べてみたいと思いました。

ジビエとは、「狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣を指すフランス語」だそうです。

生体数のバランスをとることを目的とした狩猟と、生き物の命に対する人間の向き合い方などについて、とても考えさせられるものがありました。

この二つの考えをすり合わせる接点を見つけることによって、共存への一つの方向が見えてくるような気がします。

いずれにしても、人間至上主義は捨てないと、この先、行き詰ってしまいそうな気がしています。

この物語の事件も、これらの事が関わって起きています。

命との関わり方を教えてくれる本でした(院長)。

カテゴリー: きむら歯科診療室 スタッフブログ

読書 420 本日の日本 著者 石井竜也

2022年01月06日 11:36 AM

本日の日本「週刊石井竜也」というタイトルでやっているメールマガジンから、2011年~2021年の10年を振り返ってまとめた本。

石井竜也といえば、ご存じ米米CLUBのメンバーとして、楽曲の作詞・作曲、ステージセット、コスチュームなどを総合的にプロデュースするアーティスト。

「はじめに」で書かれていた「みんな変な“未来病”にかかってるんじゃないかな」という言葉。

未来というのは今もどんどん来ているわけで、瞬間、瞬間、それが過去になる。

あまり、未来について大きな夢を描いたり憂いたりするより、“今”を大切にしたいというメッセージは心に染み込んできます。

2011年といえば、東日本大震災で日本が甚大な被害を受けた年。

その直後から、米米CLUB、石井竜也として様々な活動を精力的に行っています。

アーティストだから出来ることが綴られています。

様々な表現方法がとられていますが、一貫性のある、とっても太くて深い愛が感じられます。

お正月休みは、米米CLUBのDVDや動画ばかり見ていました。

あらゆる分野で卓越した表現を行っていたレオナルドダヴィンチと重なるものを感じています。

これをきっかけに石井竜也ファンクラブへも入会しました。

常に、彼のリアルなメッセージが欲しくなったのです。

震災の被災者とともに歌うメッセージソング「強く生きよう」では、涙が止まりませんでした。

これからも、石井竜也、米米CLUBを追いかけていきます(院長)。

*ほんのタイトルが回文になっているのがおしゃれですね。

カテゴリー: きむら歯科診療室 スタッフブログ


2022年 1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

最近の記事